日々此戯れ言 2017年5月
書いた人:松井康治(まついやすつぐ)

不定期日記です。
気が向いたら必ず書きます

戻る







5月31日(水)

 今朝起きて台所に行くとスズメバチがいました。掃除機で吸い取って退治しました、 いやー怖かったです。
 体長は5センチほどあったでしょうか、それくらいの大きさとなるとオオスズメバチってことになりますが、 色が違ったように記憶しています。また、この時期のスズメバチとなると働き蜂では無く女王蜂だったのかも知れません。 もしそうだったとすると、時々アパートの敷地内で作られるスズメバチの巣を作られる前に排除できたことになりますがはてさて。

今日の作業台


今回ヘアバンドは削り落とします。



前髪はバリをおとした後、谷間を彫り込んでいきます。


ポリパテをモリモリ。事前に確認しておくべきでしたが足りそうに無いので発注します。


5月30日(火)

今日の作業台


 今日から次の依頼品「さっとみくん1/6ヒトミ」「クルシマ製作所1/8やすみちゃん(新体操)」の 製作に着手します。両方とも改造します。


 レベル補正して強調していますが、鼻の上に横に白い線が入っているのが判るでしょうか?  内部微細亀裂のようです。
 今回はサフレス塗装を行わないのでまだ良いのですが、これをサフレス塗装するとなるとリキャストするしかありません。


 胴体の方にまで液体を流したかのように入ってしまっています。



 パーティングラインを処理して早速改造部の加工に入ります。


5月29日(月)

今日の作業台

 今日はお休みしました。
 バイクの税金を納めに外出し、ついでに小田急相模原駅ビルをふらふらと 歩いて気分転換してきました。好天も手伝って久し振りに開放的な気分を味わいました。
 お仕事柄仕方ないとは言え、引きこもりみたいなモノなので、こういう時間はもっと確保したいところです。


 デジカメで滅多に使わない光学ズーム最大望遠(13倍)歩道橋まで500メートルくらいです。 さすがに空気の揺らぎが大きいです。圧縮効果もあって電線の過密ぶりが面白いです。


 ついでに蚊取り線香も奮発して箱で購入しました。例年に比べるとだいぶ早めですが、既に蚊の被害が 出たので早々に準備します。


5月28日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
「H2-project1/7中野梓」が追加になりました!


今日の作業台

製作依頼品「Ana-Digi1/4南ことり」完成です!
久し振りの大型キット、楽しませていただきました。


5月27日(土)

 今日は時間が合ったモノの、右手甲の炎症がまだ少し治まっていないのでお絵描き、PC作業などはせずに 本を読んだり撮りだめていたアニメなどを観ていました。
 なお、手がしんどいのはPCを使う作業だけで模型製作の作業は問題なく出来ます。

今日の作業台

 睫毛を手直しして、前歯をエポキシパテで追加します。


5月26日(金)

今日の作業台

 飾り台の塗装。天面は絨毯の様なふわふわな感じに造形されていて、 縁の部分もそれに準じています。テープで追い切れるモノでは無さそうなのでマスキングゾルを使います。


 使った色は艦底色+赤です。


 クリアーを塗って光沢を出します。


 スカート内のデカールの貼り付け作業に入ります。まずは中央くらいに基準となる一枚を貼ります。


 なるべく一直線になる様に貼っていきます。ところが半分くらい貼り付けた段階で、足りなくなりそうになってきました。


 そこで正面から見て見えやすい部分を優先的に貼っていくことにしました。
 どうにか収まりました。


 つや消しクリアーを吹き付けて調子を整えます。


 眼のデカール貼り。考えてみたら瞳デカールの使用は初めてかも知れません。


 で、ここに来て今更ティアラの鎖部分が欠損していることに気がつきました。
 急遽ボールチェーンで新造しました。


 主だった塗装作業が完了して仮組です。ご依頼人様からのチェックを待って近日完成の見込みです。


5月25日(木)

今日の作業台

 スカートの内側の塗装。用意していた黄橙2本をほぼ使い切りました。
 1/8の倍の1/4ですが表面積は4倍になるので使う量、手間が数字以上にとても多く感じます。



 ブーツをマスキングしてゴールドを塗ります。今回は鮮やかな金色になる ガイアカラーのスターブライトゴールドを使用しました。


 装飾の部分は筆塗りになります。
 結局塗装作業は終わらず、明日以降に持ち越しです。表面積4倍は伊達ではありません。


5月24日(水)

今日の作業台


 ひたすら根気のマスキング。スカートの内側に塗る色が回り込まないようにするだけなのですが、 これだけ複雑で大きな代物相手となると何か効率の良い方法は無いものかと色々と考えて試したのですが、 結局スタンダードなやり方に落ち着くという毎度のオチでした。
 明日にでも主だった塗装作業を終わらせたいところですがはてさて。


5月23日(火)

今日の作業台

 引き続き塗装作業です。ブーケとドレスの影色が何色なのかだいぶ考えました。 クリアーブルーを使っていると推定、ドレスはその上にパールコートしました。



「ことりベージュ」とも呼ばれているこの髪の色も何色なのかを読み解くのにずいぶん時間がかかりました。 写真の三色を合わせて作りました。なお比率は記録していません。かなり変わった面白い色で、影色に到っては 単色ではグレーにしか見えない色です。


5月22日(月)

今日の作業台

 あり合わせの木材などを使用してスカートの保持台を作りました。
「吊し切り」という単語が脳裏を横切りますが、気にしないことにします。


 マルチプライマーを吹き付け。ほぼ丸々一本使いました。


 ベースホワイトを吹き付けます。ざらつき防止のために4倍近くに薄めた物を使います。 薄いので何回も繰り返し吹き付けます。


 クールホワイトを吹き付け。これで「色」としての白地になります。



 肌色の塗装です。キットの肌色レジン色を基準にしてシャドウ吹きをしていきます。


5月21日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
「青銅CIRCUS1/9武部沙織」が追加になりました!

今日はお休み、絵を描いたり読みかけの本を読み進んだりとのんびりと過ごしました。
懐に余裕があればお出かけしたいほどの好天でしたが我慢です。


5月20日(土)

今日の作業台



ティアラの角(?)の形状がよれている上に非常にもろいので真鍮線で作り直します。



表面処理、工作が終わって超音波洗浄して乾燥中です。来週から塗装作業に突入の予定ですが、 色を置いたら気泡がわんさか見つかることもあるので気が抜けません。


5月19日(金)

今日の作業台

 ホームセンターへひとっ走りして3oのロングドリル刃を購入しました。


 それで軸打ちのための穴を掘ります。向きを慎重に調整します。


 ギリギリで貫通できました。


 貫通先の脚パーツにも同様に掘ります。


 台座も同様に掘り、3oピアノ線を通して仮組。これでよほどのことが無い限り折れることは無いと思います。


 前髪パーツです。はねているところの形状がよれてしまっているのでここは作り直します。


 真鍮線を加工してニードル状にします。


 慎重に曲げて合わせて接着。シャープになったうえに、かなり頑丈になりました。


 溶きパテを塗りたくって傷埋め&状態確認します。



 時系列が前後しますが、谷間の甘い部分も深く彫り込みます。


 フリルが一部欠損していたので修理します。

 明日にでも主だった表面処理、工作を終わらせたいところですがはてさて。


5月18日(木)

今日の作業台


引き続き地道に表面処理です。髪の谷間を彫り込みます。


後ろ髪部品を仮組して確認。白レジンはパーティングラインや気泡等が目立たないので注意します。


5月17日(水)

今日の作業台

 昨日盛ったポリパテを削ります。多く残っているところは段差のある部分です。


 白溶きパテを塗りたくって傷埋め&状態確認。
 この部品の塗装時保持をどうしましょうかと考えています。大きく広がっている上に重いため、 通常の持ち手では困難、危険です。何か専用のモノを臨時であつらえることになると思います。


5月16日(火)

 久し振りに味覚のある夢を見ました。しかも(知らない)友人たち4人とファミレスと思われるところで食事で、 4人中少なくともふたりは女性でした。
 私の隣にいた女性と仲良くなり、連絡先を交換しようというときに目覚まし時計にたたき起こされました。 おのれ目覚まし時計…

今日の作業台

スカートの接着。隙間がだいぶできるので、ポリパテで埋めます。


 ひたすら地道に表面処理。パーティングラインは通常部品の周りをぐるりと一周するのですが、 このキットの部品のいくつかは半周ほどにしかありません。シリコン型を半分だけ開くようにすれば こういう事は出来ますが、これだけ大きい部品でやるというのは初めて見ました。


髪の毛の部品の先端部が欠けていました。



平らに均してレジン片を接着します。


削って形を整えます。



Twitterで頂いたお題「マシンロボ」よりレイナ・ストールです。
放送当時大変話題になったキャラだったのを覚えています。


5月15日(月)

今日の作業台

 今日から次の依頼品「Ana-DiGi1/4南ことり」の製作に着手します。 久し振りの大型フィギュアです。そして部品はこれだけではありません。


頭髪部品。


肌色部品。

クリアーパーツ。



スカート部品左右。


そして展示台と、大きさ、内容共にボリューム満点です。


 部品に触れた感じでは残存離型剤は無いような感じでしたが、念のためレジンウオッシュで洗浄しました。 スカートなどの大型部品はレジンウオッシュでは足りないので、ツールウオッシュをつけた歯ブラシでガシガシ洗います。


 スカート部品のゲートなどを大まかに切り落として仮組してみました。 大きさ比較のためにアースジェットを傍らに置きました。おっきいですねぇ。
 海の中にこんなのがいたような気がしますが気のせいでしょう。

 写真の感じが変わったように見えますが、コンデジのバッテリーが切れたので一眼の60Dで撮りました。 描写力がひと味もふた味も違いますね。


 主要な部品も同様にして仮組してみました。


 この脚一本で全重量を引き受けます。かなりしっかりした作りですが、 さすがにいささか無理があるように感じます。自然に折れることは無いと思いますが、 ちょっとしたことであっけなく折れることがありそうです。何らかの補強をする事になります。


引き続きTwitterで頂いたお題「Candy boy」より櫻井姉妹です。複数人物を組み合わせて 描くのは相変わらず難しいです。


5月14日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
「はむすた工房1/7ミーナ・ディートリンゲ・ヴィルケ」が追加になりました!

今日の作業台

「キラキラ☆プリキュアアラモード」よりキュアマカロン


「ラブやん」より「ラブやん」


「キン肉マン」より「バッファローマン」

今日はお休みしてお絵描き、上記三枚はTwitterで頂いたお題です(ラブやんとバッファローマンは昨日完成) もう一枚描いていますが、それはまた後日。


5月13日(土)

今日の作業台








製作代行依頼品「アルバクリエイツ1/5000ニュルンベルグ」「アルバクリエイツ1/5000帝国軍標準戦艦」完成です!


5月12日(金)

今日の作業台

 今日は依頼品の手直しだったのですがそれが早々に終わって手空きになったので 絵の練習をしてましたが、方向性で混乱してしまい妙に疲れてしまいました。
 一枚も仕上がらないのはイカンと「魔戒戦艦天照」の井上次美中佐を描きました。 約2年ぶりくらいになりますか。創作の虫がうずきますが、同人誌を出せる予算は 当面組めそうに無いので我慢です。DL販売だけならあるいは、ううむ。


5月11日(木)

今日の作業台

エンジンノズル内部をマスキングして金属球部分にシルバーを吹き付けます。





シルバーをマスキングして、船体色を塗ります。今回も毎度の黒ベースの4段塗りです。


つや消しクリアーを吹き付けて調子を整えた後、エナメルのメタリックグレイとクロームシルバーで 細かいディテール部を塗っていきます。


デカールの貼り付け。今回は新帝国紋章です。



主だった塗装作業が終わって仮組。ご依頼人様の確認を待って仕上げの見込みです。


5月10日(水)

今日の作業台

 塗装作業に突入します。マルチプライマーを吹き付け、乾燥後グレーサフを吹き付けます。


 エンジンノズル内部を塗装。スマートに進めば明日にでも主だった塗装作業は終わりそうですがはてさて。


5月9日(火)

今日の作業台

引き続き地道に表面処理。一部の部品は接着して合わせ目を埋めます。 透明な瞬間接着剤で埋めたので一見隙間が空いているように見えます。


溶きパテを塗って傷埋め&状態確認します。


船体の球体部分にパーティングラインが走っていて、さらに段差もあります。 これを処理しても綺麗な球体にするのはいささか困難です。



というわけで急がば回れでプラ板をヒートプレスした部品に変えちゃいます。
明日にでも塗装作業に突入したいところですがはてさて。


5月8日(月)

今日の作業台


 今日から次の依頼品「アルバクリエイツ1/5000ニュルンベルグ」「アルバクリエイツ1/5000帝国軍標準戦艦」の製作に着手します。


 レジンウオッシュで洗浄したのですが、まだ離型剤が残っている感じがしたので、 歯ブラシにツールウオッシュをつけてガシガシ洗います。



 アルバクリエイツのキットにしては珍しくノズル周りに気泡、欠損が多いです。 銅板、プラ材で作り直します。




 艦首上部にある球体はパーティングライン上にある関係上削って形が乱れやすいので 切り落として金属球に変えます。


5月7日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
「アルバクリエイツ1/5000スキールニル」が追加になりました!

 話は変わりますが、確証は無いし調べて確認する気もありませんが、散見する情報からすると どうも当ヘパイストスの製作代金は業界最安値級らしいです。 その割には依頼が少ないですが。
 開設当初は平均的な金額だったと思いますが、10年以上たって物価も上がっていますから これも時代の趨勢かも知れません。 過去に値上げはしていますが、それでも安いのだとしたら代金の見直しを考えなければならないかも知れません。 もしそうなったらWebサイトの方で告知いたします。



今日はお休みして主にお絵描きしてました。
ガルパンの西住しほさんと、同じく宇津木優季ちゃん。


5月6日(土)



製作代行依頼品「ハセガワ1/48F−2A‘3SQ’60周年記念塗装」完成です!


5月5日(金)

今日の作業台

 デカール貼りをはじめます。 まずはウオーミングアップも兼ねて垂直尾翼から取りかかります。 頂部の段差部分は水につける前に切れ込みを入れておきます。


 曲面はマークソフターを使いながら綿棒で慎重に馴染ませていきます。
 どうしてもしわが出来る所はカッターで切れ込みを入れます。


 迷彩塗装の貼り付け。 基本は一緒です。急がず慌てず進めていきます。 それでも大面積デカールの作業は神経がゴリゴリ削れる音が聞こえるような気がします。


 機体は右側面を残すのみとなりました。早ければ明日にでも完成するかも知れませんが 「急いては事をし損じる」のでひとつずつ着実に作業を進めることにします。


5月4日(木)

今日の作業台

マスキングして脚格納庫とアレスティングフック格納部を塗装します。



空中給油口は指定がありませんが焼鉄色で塗装します。


迷彩がデカールなのは以前触れましたが、その関係上キャノピーにもデカールが用意されています。 綺麗に貼れるモノなのか確信が持てないので塗装しておきます。


前輪のマスキング。ほぼこれ専用になっている小径サークルカッターでマスキングテープを切り出します。



脚格納庫と脚の墨入れ。コードパイプ類は少し光沢を持たせたいのでデカールを貼った後、 艶消しクリヤー吹き付け後に塗装します。



エンジンノズルは中に艶消し黒で筋を吹き付け、外側は指定色の上から エナメルのクリアーオレンジを塗ります。

主だった塗装作業は完了、明日からデカール貼りにかかります。


5月3日(水)

今日の作業台

 塗装作業に突入します。キャノピー、コックピットなどをマスキングし、金属部品には マルチプライマーを吹き付けた後グレーサフを吹き付けます。


 反射板にはデカールが用意されていますが、絵っぽいので塗装にします。


 レドームなどを塗ります。


 それらをマスキングしてミディアムブルーを全体に吹き付けます。 今回迷彩はデカールになります。明日にでも主だった塗装作業を終わらせて デカール貼りに入りたいところですがはてさて。


5月2日(火)

今日の作業台


キャノピーの内側のディテールアップです。


今回はご依頼人様の要望でAIM−120搭載仕様にするのでパイロンにつけるランチャーもそれに合わせたモノにします。


さらにAN/AAQスナイパーXRも取り付けます。
現実には無い装備ですが、こういう事が好きに出来るのも模型の面白さです。


5月1日(月)

8時間も寝るとさすがに寝覚めが良いです。

まだ夜になると左目の圧迫感が少し出てきます。 眼鏡を早く新しいモノにしたいところです。

今日の作業台

機体の主だった工作は完了しました。他の細かいところも明日には完了して塗装作業に入りたいところですがはてさて。