日々此戯れ言
2017年3月

書いた人:松井康治(まついやすつぐ)

不定期日記です。
気が向いたら必ず書きます

戻る





ハセガワ1/48鍾馗

Yahooオークションに出品中!



3月31日(金)

今日の作業台


ガオーブレスのクリスタル部分を透明化したいと思います。 3ミリアクリル板の端材を加工します。


クリスタルが収まる部分を彫刻刀などで彫ります。


きれいにはまるように慎重に調節していきます。


形が決まったら面取りします。


磨き込んで完成です。仕上げ時には中にアルミホイルを入れて反射材にしようと考えています。


3月30日(木)

今日の作業台

地道に表面処理。小さい気泡がいくつか見えるでしょうか?
この周辺は気泡がやや多めでした



その周辺ごと彫刻刀で切りとってシアノンで埋めます。



整形して溶きパテを塗りたくって細かい傷埋め&状態確認します。


溶きパテが硬化したらサンドペーパーで磨きます。


今回はGストーンを模した飾り台を製作します。
ご依頼人様から提供していただいた資料などを基に設計します。


プラ板に天面を描き、実際に乗せてみて無理が無いか確認します。


プラ板を切り出してこれが天面になります。


3月29日(水)

今日の作業台

製作代行依頼品「クルシマ製作所1/8蓮玖完成です!



んで次の依頼品「海洋堂1/8獅子王 剴」の製作に着手します。
懐かしい黄土色のレジン製です。


3月28日(火)

今日の作業台

マスキングを剥がして艶消しクリヤーを吹き付けます。
この写真は吹き付け前のモノ、撮るの忘れちゃいました。


またマスキングしてシルバーを吹き付けます。


マスキングを剥がすと艶消しパールとメタリックの良いコントラストです。


エナメルのシルバーで点を置いていきます。


んで主だった塗装作業が終わって仮組です。
近日完成の見込みです。


3月27日(月)

 今シーズン六度目の灯油購入。¥1494/18リットルなり、先月と同じですね。 多分今期最後の灯油購入になると思います。
 暖房はエアコンをメインにし、灯油ファンヒーターは補助的に使って18リットルをほぼ1ヶ月ほど持たせてました。 できれば灯油でフルに行きたいところなのですが、かなりお高く付いてしまうので無理です…

今日の作業台

マスキングして黄色を塗ってパールコートします。


さらにマスキングして、赤を塗りパールコート。
乾燥に時間を掛けないといけないので全体的にスローペースになっています。 はやる気持ちも出てきますが、ひとつずつ着実に進めます。


飾り台にニスを吹き付け。普段は庭でやっていますが、あいにくの雨なので スプレーブースで吹き付けます。


3月26日(日)

ヘパイストスの展示室更新〜!
「アルバクリエイツ1/220スパルタニアン」が追加になりました!

今日の作業台

塗装作業に突入します。レオタードはパールコートをするので影は濃いめにつけます。


パールコートします。最終的には艶消しにします。


3月25日(土)

 お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この「日々此戯れ言」今週から総合創作研究所から ヘパイストスのサーバーに引っ越しさせました。これは低迷している検索サイトにおける検索ページ位置を 上げようという試みの一環です。前の場所だとリンク先の「別Webサイト」なので、ヘパイストスのサイトの更新を しているとみられずに「更新の遅い非活発なサイト」とされてしまう可能性を少なくするためです。
 ただ、検索トップページに数年前のブログ記事まであったりするので、単純に更新頻度だけでは無さそうです。  昨年末から色々と手を尽くしていて、2月のWFの頃にはトップページに載って喜んだモノの、それもつかの間のことで、 ズルズルと少し後ろの方をウロウロしている状態です。

 この引っ越しに効果があるのか無いのか、それが分かるのにはまだしばらく時間がかかりそうです。

今日の作業台


ノースリーブにするので腕にあるモールドを削り落とします。 明日から塗装作業に突入します。


 ちょっと時間ができたので、村夫子の方のイラスト集の執筆も進めます。
 これまでは一枚ずつ仕上げていましたが、今回から下書きの時は全部の下書きに集中、ペン入れの時は 全部のペン入れに集中、というふうに進めます。私は漫画を描く際にはこのようにしていて「ひとり分業」なんて呼んでいます。 この方が能率が良いし、品質も安定させやすくなります。
 遅くとも4月中旬には発売にこぎ着けたいところです。


3月24日(金)

今日の作業台

表面処理が終わり、超音波洗浄機で洗って乾燥です。


乾いたら仮組して撮影します。



クリスタでトレスして線画化し、塗装案を作成します。
見る人が見れば一発で分かるあのデザインがモチーフです。


3月23日(木)

今日の作業台

地道に表面処理。今の所気泡は見つかっていません、ハラハラ。



レオタードのカラーリングを変える関係上、モールドを一部削り落とします。


3月22日(水)

 今日は各種買い出しに自転車でひとっ走りしてきました。
 先週に引き続き町田にも行き、往復約10qをひーこらと漕いでいきました。 直後に脚が少しガクガクになりますが、幸い筋肉痛にはなっていません。 というかもう長いこと分かりやすい筋肉痛にはなったことがありません。 「2日後に筋肉痛」なんて話を聞いたことがありますが、これもまだ未経験です。
 きっと経験しない方が良いのでしょう。

今日の作業台


今日から次の依頼品「クルシマ製作所1/8蓮玖」の製作に着手します。


クルシマ製作所のキットとくれば残存離型剤です。レジンウオッシュに2時間つけましたが、 まだ残っている感じだったのでツールウオッシュでガシガシ洗います。


3月21日(火)
今日の作業台

組み立て作業に入ります。頭髪の合わせ目処理です。 隙間にシアノンを流し込みます。



削って、溶きパテを塗りたくって傷埋め&状態確認します。


乾燥後、ペーパーがけをして顔をマスキングして塗装します。


ルシフェリオンの球体部分はレジンパーツとビー玉が用意されています。 ビー玉を使いますが、そのままだと接着面積が小さくてすぐに外れてしまいそうです。


そこでビー玉にリューターで窪みを掘ります。ガラスの加工なんてほぼ初めてなので緊張しました。


キットパーツの球体部分を削って窪みに入るダボを作ります。


エポキシ接着剤で接着、思っていた以上に丈夫になりました。


ルシフェリオンに取り付け。



んで製作代行依頼品「ごじゃっぺ畑1/6シュテル・ザ・デストラクター」完成です!
迫力のあるお姿になりました。


3月20日(月)

今日の作業台

シュテル・ザ・デストラクターの主だった塗装作業が終わって仮組です。
ボリュームと迫力のある造形です。ご依頼人様のチェックを待って完成の見込みです。


3月19日(日)

 今日はヤフオク落札品の納品に行ってきました。落札者様が割と近所であったことと、損傷防止のためです。
 さて、愛車AG200で行ったのですが、片道約30q、往復で約60qになります。これだけの距離を走るのは かなり久し振りのことである上に、初めて走る道がほとんどなので、すり抜けなどはせずに余裕を持って行くことにしました。
 約一時間ほどで到着できる見込みでしたが、前記のこともあって30分ほど(実際には40分ほど)早めに出発しました。 んである程度は覚悟していましたが、渋滞が凄かったです。道程の6割くらいは渋滞でした。その結果、40分の余裕を全て使い切り、ほぼ予定通りの時間に現地に到着しました。帰路もほぼ同様でした。
 帰宅後ひと休みして仕事に取りかかるつもりだったのですが、帰路終盤になってこめかみが痛くなってきて、帰宅してからも 収まらずに夕方くらいまでひっくり返っていました。なんか尾てい骨のあたりも痛いし… 久し振りの中距離走行は楽しくもかなりしんどかったようです。

明日からは通常に戻ります。


3月18日(土)

今日の作業台

ひたすら根気のマスキング作業。タミヤの曲線用マスキングテープを使ってみました。なかなか便利です。


赤い三角の部分を塗装します。一時間ほど待って次のマスキングに取りかかろうとしたら塗り漏らしを発見…  つまんないミスで時間を空費してしまいました。


3月17日(金)

今日の作業台




 ルシフェリオンの赤い部分、シルバー下地にクリアーレッドを塗り重ねて、 最後にクリアーブルーを薄く吹いて赤に近い紫にします。
 肉眼では白く見える蛍光灯の反射がデジカメではなぜかオレンジに写っています。


服の各部に走るライン、ほぼピンクなのですが、この色が何色なのか 周囲の紫に引っ張られてなかなか読み取れませんでした。


3月16日(木)


 コブシが満開でした。桜ももうすぐです。

 今日は各種買い出しで自転車でひとっ走り。町田へも行きました。その 帰りに通る長い上り坂で、電動アシスト自転車のおばさんに抜かれました… 別に レースしているわけでも無いし、自分のペースで走れば良いのですが、やっぱりなんか悔しいです…。

今日の作業台


 本格的に塗装作業に突入です。肌色をはじめ、最も明るい色から塗っていきます。




 各部に付くクリスタルは、シルバーを下地にしてクリアーブルーを重ね塗りしていきます。


3月15日(水)

今日の作業台

表面処理が終わり、超音波洗浄機で洗って乾燥中です。


乾いたら主要な部品を仮組してあちこち確認します。


 スカートの縁の部品を接着します。すりあわせに難儀しそうな気がしていたのですが、 あっけないほどスマートに組み立てられました。


部品を持ち手につけます。


 どうやって保持しようかとちょっと悩んだのがスカート部品です。させる面積が小さいため 他の大型部品のように3o穴を開けることはできません。1oならさせますが、保持そのものが満足にできません。
 あたりを見渡すとちょうどよさそうな桧の角材があったのでちょっと加工してダボ穴に挿してみました。どうにかなりそうです。


 塗装作業に突入します。と言っても今日は下地作りまで、メタリックを使う物にはグレーサフを、肌色部品以外には ベースホワイトを吹き付けます。明日から本格的な色置きになります。


3月14日(火)

今日は間違いなく火曜日です。うむ。

今日の作業台


引き続き地道に表面処理です。首元のプレートのリベットが気泡で欠けているので真鍮線で作り直します。



靴下との境目は凹線が引かれているだけなので少し彫り込んでお肉をのせます。
ここはあまり皮下脂肪が付くところでは無いので、オーバーにならないようにします。



後ろ髪パーツは抜きの関係で塞がってしまっているところを彫り込みます。


前髪部品です。細やかなディテールですが、もう少し彫り込んでいきます。




気泡による欠けがあったので、レジンを足して再生します。


谷間も少し彫り込んで表情に厚みを増します。


エモノを握る左手は、4ミリパイプをつかませますが、塗膜の分少しだけ太くなるので、 スマートに入れられるようにドリルの刃でほんの少し広げておきます。


3月13日(月)

土日の休みを入れ替えたせいなのか曜日の感覚が狂っています。どうしても今日は火曜日のような感じが直りません。

今日の作業台


今日から次の製作代行依頼品「ごじゃっぺ畑1/6シュテル・ザ・デストラクター」の製作に着手します。


部品の洗浄の前に、スカートの裾に付く部品にふってある部品番号を記録しておきます。 このテープが剥がれていないと言う事はこの部品に離型剤は付いていないと思われますが、 念のため洗浄します。


ガイアのレジンウオッシュに一時間ほどつけておきます。


スカートの部品は大きくて上記の方法が使えないので、ツールウオッシュを歯ブラシにつけて ガシガシと洗います。


スカートに気泡を発見しました。



裏側の膜を切り取って、シアノンを流し込んで埋めます。


他に気泡がないか透かしてみてみます。


ありました微細気泡群! 部品が薄くて普段のように周辺ごとくりぬいてシアノンなどで埋め戻すのは ちょっと危険なので、溶きパテを使います。


胴体部品にも大胆な気泡がありました。



裏側からシリコンブロックを当てて、シアノンを流し込みます。
1度に流し込まずに、少しずつ流して埋めていきます。


硬化したらヤスリで整形します。


3月12日(日)

今日の作業台

製作代行依頼品「G−PORT1/8セーラーマーズ」完成です!


3月11日(土)

今日の作業台

 セーラーマーズの作業はご依頼人様からの連絡待ちだったので、明日の予定を今日に変更してお休みにしました。
 んで次のイラスト集のためにエロ絵の練習、だったのですが。これを書いている最中にペンタブレットのバッテリー切れ…。
 切り替えて小説を書いていました。でもどーにも頭がなかなか作家モードになってくれません。こういった作業は 普段から日常の一部にしておかないとスマートに進んでくれません。


3月10日(金)

今日の作業台

引き続き塗装作業です。たまには目の描き方の解説をば。 白目の影をアクリル(俗に言うラッカー)C73エアクラフトグレーで塗ります。 白地は白レジンの地色です。


瞳のアウトラインをアクリルのブラックで引きます。


ここからはエナメルになります。瞳の上半分ほどにパープルとクリアーを混ぜた物を塗ります。
エナメルのクリヤーパープルが無いので代用です。


エナメルシンナーを少しだけ含ませた筆で下に伸ばしてにじませてグラデーションをつけます。
アクリルの黒でアウトラインを引いておくことで、外側ににじんで広がるのを防ぎます。


フラットブラックにニュートラルグレイを10%ほど混ぜた物で上下睫毛、虹彩等を塗っていきます。
ニュートラルグレイを混ぜたのは、そうすることによって黒に落ち着きが出るからです。


眉毛を描き入れ、クリヤーオレンジに黒を微量に混ぜた物で二重まぶたを描きます。


フラットホワイトでハイライトを入れます。 口にはクリヤーとクリヤーレッドを混ぜた物を塗ります。


主だった塗装作業が終わって仮組します。
ご依頼人様からのチェックを待って完成の見込みです。


3月9日(木)

今日の作業台

気泡を退治して塗装作業を進めます。スーツの白部分のシャドウは、この上からパールコートする関係上 少し強めに入れます。


パールコートします。少し厚めの塗膜なのでしっかり乾かすためにこちらの塗装は今日ここまでです。


胸のリボンはクリヤーを吹き付けてピカピカの光沢にします。
明日にでも主だった塗装を終わらせたいところですがはてさて。


3月8日(水)

 今日は午前中町田へ買いだし、相変わらず息を切らしながら自転車をこいでいきました。
 学生時代はこれくらいの通学距離をもっと低性能の自転車で毎日走っていました。 ウエストが今より10センチ以上細かったのも納得です。

今日の作業台

マスキングをして肌色を吹き付けます。


 肌色部をマスキングし、白塗りをしてみるとキットパーツに微細気泡が見つかりました。 塗装を落とし、気泡を埋めます。
 結局今日は肌色の塗装だけで終わってしまったようなモノで煮え切らない一日になってしまいました。


3月7日(火)

今日の作業台

塗装前工作が終わって仮組してみます。両腕も別パーツ化したので、最後にきちんと組み立てることができるか確認しておきます。


超音波洗浄機で削り粉や手垢、皮脂を洗い落として乾燥。


んで塗装作業に突入します。といっても今日はプライマーを吹き付けてクリヤーを吹き付けるまでです。 クリヤーを吹き付けたのは、肌色を塗る際に白になる部分をマスキングしますが、プライマーの上にマスキングすると 後で剥がしにくくなるためです。


3月6日(月)

今日の作業台

 白レジン化した部品を地道に表面処理です。せっかく複数複製したので 襟を別パーツ化して別体感を出してみます。
 明日にでも塗装前工作を終わらせて塗装に入りたいところですがはてさて。


3月5日(日)

ヘパイストスの展示室更新!
アルバクリエイツ1/5000フォルセティが追加になりました。

今日の作業台

複製作業です。年中やっているわけでは無いとは言え相変わらず手際がよくなりません。


これだけ複製しました。この中から出来の良いモノを選んで使用します。


3月4日(土)

今日の作業台

粘土を取り外してシリコーンバリアーを吹き付けます。前回の反省からちょっと多めに吹き付けます。


シリコンを流し込みます。


 硬化を待つ間に他の部品の表面処理を進めます。ちょっと珍しいモノがありました。 矢印の先に緑色の点があるのがわかるでしょうか? これは油粘土です。 シリコン型作成の際に使った粘土の破片が残って流し込んだレジンに紛れてしまうことがありますが、 大抵テストショットをしている内に無くなってしまうので、製品にこういうモノがあるのはかなり珍しいです。
 これが残っていると言う事はこの個体はシリコン型がかなり若いころの製品である可能性が高いです。



 前髪の部品です。谷間を彫り込んで、先端は尖らせます。
 この時代は前髪などは顔と一体成形のモノが普通で、このように別パーツ化したモノは珍しい部類に入ります。 このキットのシリーズのムーン、マーキュリー、ジュピターは一体成形です。


シリコンが硬化して、キットパーツを取り出します。シリコーンバリアーをしっかり吹き付けた甲斐あって 素直に外せました。
 明日複製作業に入ります。


3月3日(金)

今日の作業台

 粘土に埋め込み。今回はシリコンの節約のためにランナーは作りません。
 この写真で言うと右腕から流し込んで左腕から空気を抜きます。


 シリコンを流し込みます。毎度この作業は緊張します。
 計算では必要シリコンは約2.5キロ、 用意したのは2キロなので先月作ったセーラーサターンのシリコン型を切ってかさ増しに使います(左下) 右上にあるのは型枠ブロックに付着していた細かいシリコン片、これを一緒に流し込むと隙間に入り込んで型枠からの洩れをある程度防いでくれます。


3月2日(木)

今日の作業台

地道に表面処理。きれいな形していますねぇ。


グレーサフを吹き付けて状態確認します。ちょっと手直しする部分がありますが、 明日からシリコン型を作ります。


3月1日(水)



「Pilot1/8アスカ(メイドVer.)」「たけみつ堂 高町ヴィヴィオ」完成です!

今日の作業台

んで、今日から次の依頼品「G−PORT1/8セーラーマーズ」の製作に着手します。
肌色部分は白レジンに置き換えます。


レジンの色自体がサフレス塗装に不向きなのもありますが(この時代のキットにしては白い方ですけども) 内部微細亀裂が多数見受けられるので一手間掛けて白レジンに置き換えます。